若乃花のちゃんこ屋「若」について若乃花が語る

「横綱若乃花から実業家へ」転進した花田勝氏は語る

事業家・花田勝氏は、『若』という ちゃんこダイニングを経営し4年間で40店舗というスピード拡張しているが、本人は「早い店舗展開だとは思っていない。自分のペースでやってきていると」と語っている。以下の『語録』でも、自分の意思を貫くための、合理性を尊ぶ精神の旺盛さが感じられる。


若 語録とは・・・

イナバウアーは年賀状では亥ナバウアー

あの世界の荒川静香のイナバウアーが年賀状コンテストにで入賞した。
年賀状って面白いものは本当に面白い。
以前は色々と考えてたけど、年末の忙しさにかまけて手抜きしたりしてしまう。
来年は子年か。今から少しづつ入賞できるようなものを考えるか・・・


もっと読む?

おくとぱす?どんなパス?

さぁ〜受験戦争真っ只中の受験生諸君はラストスパートの架橋の時期だね。
私も高校受験のころを思い出すな〜
大学は受験しなかったからセンター試験のこととか分からないんだけど一番勉強したのは中学生のときだな。あのころは寝る間も惜しんで楽しく?勉強してたな。

そして願掛けは湯島天神にいって合格の絵馬をぶらさげて・・・
志望校には、ひとつだけパスできなかったけどあとは全部パスだったな。

しかし面白いものを考え付いたものですね。タコのスタンプをついたパスを「置くとパス!」
これが大人気で、なくなっちゃったんだって!

笑えます!こんなおやじギャグ的なキャラクターが流行ってるなんて世の中捨てたもんじゃないな。おやじギャグに乾杯!

まあ〜おやじギャグより、結構ひねってるので、そこもいいとこだね!
置くとパス!=オクトパス で 志望校をパスしよう!
応援してまっせ〜(^O^)ノ



以下引用です。

出典:中国新聞

受験生に人気「オクトパス」 '07/1/20

 下関市の唐戸魚市場が「合格」を手にしたタコのキャラクター・スタンプを置いたところ、受験生たちに大人気だ=写真。「孫のために…」と押しにくるおじちゃん、おばあちゃんも目立つ。タコの英語名は「オクトパス」。押して持ち帰り、願い事を書いて机の上に「置くとパス」。希望がかなうという思いから、同市場の若手グループが考えた。備え付けの用紙はわずか10日余りで730枚がなくなった。

ドラえもんファンにはおすすめのドラえもん展

ドラえもんファンのためのドラえもん展が本日1月20日より川崎で開始になる。ドラえもんといえば広い世代で愛されているキャラ。小生は35歳だがもっと年上の先輩方だって知っている漫画であろう。
どらえもんのコミックもよく集めていたものだ。タイムマシンでおばあちゃんと会うシーンや『さようならドラえもん!』など泣けるシーンも結構あった。

それより何より 『ひみつ道具』が毎回楽しみで、絶対欲しい道具ってガンガンありますよね。

たとえば『どこでもドア』 これは人気が高いんじゃないかな。
いつでもどこでも旅行にいける。こんなこと未だにファミリーで話し合っちゃうんだからね〜。夢があっていいですね。

ディズニーランドとはまた違った 【夢の国どらえもん王国】なんていうアミューズメントパークがあったら行っちゃうな〜

あとはどんな「ひみつ道具」が欲しかったですか?
実は『石ころ帽子』『暗記パン』『スモールライト』などなど
色々ありすぎて忘れちゃったからお子さんと一緒に振り返ってもいいかもね。

私は大阪なので川崎はちょっと遠いな。大阪でもやってくれい!

以下は引用です。
出典:カナロコ

市民ミュージアムで「みんなのドラえもん展」/川崎
フォトニュース 暮らし・話題 2007/01/20
藤子・F・不二雄さんの原画からドラえもんの魅力に迫る「みんなのドラえもん展」=川崎市中原区の同市市民ミュージアム
 三十年以上にわたり子供たちに愛されてきたドラえもんの魅力に迫る「みんなのドラえもん展」が二十日から、川崎市中原区等々力の川崎市市民ミュージアムで始まる。二月二十五日まで。原作者の故藤子・F・不二雄(本名・藤本弘)さんの展示施設オープンに向けたプレイベントで、十九日は関係者を対象とした内覧会が行われた。

 「ドラえもん」は一九七〇年、川崎市多摩区に住んでいた藤子さんが雑誌で連載を開始。藤子さんの遺族から原画の寄贈を受けた川崎市は、向ケ丘遊園跡地周辺(多摩区)に藤子さんゆかりの品々を集めた「藤子・F・不二雄ミュージアム」の二〇一〇年のオープンを目指している。

 同展では、生前の藤子さんの手書きした貴重な原画六十三点を基に、ドラえもんの人気の秘密を探る。ひみつ道具やドラえもんとのび太の友情など、四つのテーマに分け展示している。

 このうち「みんな大好き!ドラえもん」と題したコーナーでは、ドラえもんのキャラクター性に着目。うれしそうにどら焼きを食べたり、泣きついてくるのび太にうんざりしているドラえもんの喜怒哀楽の表情をいくつも小さく並べ紹介している。同市民ミュージアムの金沢韻(こだま)学芸員は「ドラえもんの決して憎めない、かわいらしいキャラクターが根強い人気の要因では」と話している。

 内覧会では、藤子プロの伊藤善章社長や同市の阿部孝夫市長によるテープカットが行われた。伊藤社長は「手作りの原画に込められた、藤子さんのドラえもんに対する思いを感じ取ってほしい」と話していた。

 同展は午前九時半から午後五時まで。同市市民ミュージアムへはJR武蔵小杉駅北口から「市民ミュージアム」行きバスで終点下車。問い合わせは電話044(754)4500。

花粉症の方には嬉しいニュース

花粉飛散、今春も少なめの見通し−

花粉症対策グッズシリーズ


都花粉症対策検討委員会は18日、スギ・ヒノキの花粉飛散量は、過去10年の平均の3割で、同3番目に少なかった平成18年春をやや上回る程度、飛散開始は2月16日から18日で、昨春と同じかやや遅めという予測を発表した。

 花粉飛散量は、スギ花芽の生育に影響する前年夏の日照時間と、前年の花芽のつき具合に左右される。花芽が少ない翌年には、多少の天候不良でも増加する傾向がみられる。今春の場合、昨夏の日照時間が一昨年夏より40時間少ないものの、昨年は花芽のつき具合が“不作”だったため、今年の花芽は昨年より多く、飛散量は昨春をやや上回ると予測した。

 都内9測定地点では、飛散量(ガラス板1平方センチメートルに付着する花粉数)が最も少ないのが葛飾の最大800個(昨春612個)、最多は青梅の最大3900個(同1339個)。平均は1250個から1667個とみている。
 都は2月1日から「花粉飛散予報」について、電話(3348・1187)や都のホームページを通じて情報提供する
出典:izaニュースより

私も一度だけ めっちゃすごい花粉症に悩んだ年がありました。
10年くらい前だったと思います。
その年からいきなり花粉症にかかったんです!

あの黄色い花粉のボワッと吹き飛ぶ映像・・・見るだけで
花がむずむずしますね。

アレルギー恐るべしです!季節ごとのアレルギーならまだましですが
食べ物に関するアレルギーをお持ちの方は大変ですね。
かなり気を使いますし。給食メニューにも合わせられない子供も
多くいるみたいです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。