投資2000億円!インド合弁事業とスズキの策略

スズキ
(7269.T: 株価:現在値 前日比
        \3,430 +40 +1.18%

suzukiは2010年までにインドの合弁事業に2000億円(16億6000万ドル)を追加投資するそうです。
乗用車とエンジンの工場での生産能力拡大に充てるという。
鈴木修会長が6日明らかにしました。

インド人の天才的な人に入ってもらって生産能力をあげるのか。
それともITを駆使して凄いことをやろうと考えてるのかな。


 スズキは、インド最大の自動車メーカー、マルチ・ウドヨグを通じて運営する合弁事業に既に1000億円を投じている。
しかし、2010年までに2000億円を追加投資し、生産能力の向上をはかっている。その数値は現在の年間63万台から100万台に引き上げる策略です。

たったの37万台とみるか この37万台と2000億円が今後どのように変貌するのかが見ものですね。

先日、リサーチバイトにいきました。コマーシャルのモニターですがスズキ セルボのCM まったくもって理解できませんでした。

あまり深くいいませんが訴えようとしているものが他のメーカーの車に比べるとショボくてなんとも言えなかった。

マーケティングや商品開発にも力を入れて欲しいところです。
ワゴンR 以来 あまり 魅力を感じる車がありません。

皆さんはいかがですか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33055931

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。